静岡県富士市と、ICTを活用した地域情報発信に関する連携協定を締結

「富士市デジタル変革宣言」第一弾として、「混雑ランプ」を市民向け窓口へ設置/8月10日(月)から

チラシ・買い物情報サービス「トクバイ」を展開する株式会社ロコガイド(本社:東京都港区、代表取締役 穐田 誉輝 以下ロコガイド)は、静岡県富士市(市長 小長井 義正)、ICTを活用した地域情報発信に関する連携協定を締結しました。連携協定では、両者が保有する情報資産や知見、ICT活用を通して、市民向けサービスの拡充と地域活性を目的としています。

本協定締結にあたり、2020年8月10日(月)から第一弾として、富士市庁舎内の窓口へ「混雑ランプ」を導入します。混雑ランプは、お店や施設の混雑を、「空き」「やや混み」「混み」の三段階で発信できる、ロコガイドの提供するサービスです。取り組みでは、ボタン型端末(IoT端末)を市庁舎窓口5箇所に配し、市職員が混雑状況をリアルタイムに発信することで、生活者はリアルタイムの混雑情報を、富士市ウェブサイトのほか、ロコガイドの運営するウェブサイトで確認できるようになります。

なお、今回の混雑ランプの導入は、本日発表した「富士市デジタル変革宣言」の一環としての取り組みです。富士市は、急速に進化するデジタル技術を最大限活用し、さまざまな課題に果敢に取り組むことによって、暮らしの質や価値を高め、安心で豊かなまちづくりを推進していくことを宣言しました。ロコガイドと富士市では今後も取り組みを通じ、ノウハウを蓄積し、デジタル技術を活用した混雑情報の地域インフラ構築を進め、新しい日常を支援していきます。

静岡県富士市 混雑ランプ導入スケジュール・場所
 2020年8月10日(月・祝)から8月15日(土)まで
  ・こども家庭課 児童扶養手当現況届窓口
 2020年8月11日(火)から(無期限)
  ・市民課 証明窓口/住民異動窓口/パスポート窓口/マイナンバーカード窓口

静岡県富士市について
静岡県東部に位置し、北に富士山を仰ぎ、南に駿河湾を望み、気候は温暖で、豊富な緑と地下水に恵まれています。豊富な地下水や森林資源等の富士山の恵みと大都市圏の中間に位置する立地利便性を背景に、地場産業の紙・パルプ産業をはじめ、輸送用機械、化学、電気機械等各種の工場生産を中心とした産業都市です。現在は、次世代の素材であるセルロースナノファイバーによる産業振興などの施策を推進しています。また、海抜0mから富士山頂を目指す「富士山登山ルート3776」を整備するなど、日本で唯一、富士山と海があるまちです。
富士山に象徴されるような、全国に誇れる魅力と活力のある都市「富士山のふもと しあわせを実感できるまち ふじ」の創造を目指しています。

混雑ランプについて
新型コロナウイルスの影響で、日々の買い物の「3密」対策が大きな課題となったことから、2020年5月に提供を開始した、お店や施設の混雑を「空き」「やや混み」「混み」の三段階で表現するシンプルなサービスです。「ロコガイドβ版」「トクバイ」上で確認できます。現在、お店からの発信が簡単に行える専用スマートフォンアプリと、スマートフォンのない環境でも情報発信ができるボタン型端末(IoT端末)をテストリリースしています。

「混雑ランプ」を導入希望の企業様はこちら(https://crowd.locoguide.jp/

トクバイとは
2013年にスタートした、食品スーパーマーケットをはじめさまざまな業態の小売店のチラシ・買い物情報を掲載しているWebサービス・アプリです。パソコン・スマートフォンから無料で情報の閲覧が可能です。サービス利用店舗数は約5万店舗*で、30〜50代の女性を中心に利用されています。(*2020年1月末現在)

※「トクバイ」に情報掲載をご希望の企業様はこちら(https://biz-lp.tokubai.co.jp/lp1)

【プレスリリースに関するお問い合わせ先】
株式会社ロコガイド 広報担当: 齋藤・畑田
電話:03-6368-1052 FAX:03-6368-1046 
メールアドレス:pr@locoguide.co.jp